キッズステーション

お子様が喜ぶアニメが勢揃いのアニメ総合チャンネル! キッズステーション 圧倒的高画質のハイビジョン放送


ゲストインタビューバックナンバー

左2人目から「高取ヒデアキ」「YOFFY」「伊勢大貴」「高橋秀幸」

伊勢大貴さんインタビュー

収録を終えての感想をお願いします。

伊勢今回、「烈車戦隊トッキュウジャー」を影山ヒロノブさん、遠藤正明さんと初めて一緒に歌わせていただきました。お二人とも大先輩ですので最初は緊張しましたが、収録自体はすごく楽しくやれたので、よかったです。

影山さんと遠藤さんが同時にセッションされるのは、「アニぱら音楽館」でもかなり珍しいことで、すごいセッションだなと思いました。

伊勢そうなんですか!? 貴重なステージだったんですね。自分では何ができるかわからなかったんですが、わからないなりに一生懸命やらせていただきました。ステージ上でも、とても刺激になりました。

もう1曲歌っていただいた「Go! Go! トッキュウジャー」(特撮「烈車戦隊トッキュウジャー」挿入歌)ですが、爽やかな感じの主題歌「烈車戦隊トッキュウジャー」から、一転、戦隊ものらしい味わいのある楽曲でした。

伊勢そうですね、ちょっと「ゴリゴリしてる」というか。曲のテーマが「トッキュウジャー」の内容だけじゃない、「みんなで一緒に」というメッセージ性が強い曲なので、イベントで歌う時も子どもたちにそういう部分を伝えながら歌ってきました。そういうメッセージを持つ楽曲を、今回、「アニぱら音楽館」で披露できたのが嬉しかったです。

トークコーナーでは、歴代の戦隊ソングの大先輩方と共演されました。

伊勢トークコーナーに出させていただくのは2回目ですが、いやあ、もう、勝手がわからないというか、大緊張しました。大先輩の方々がいろんなお話をされていて、勉強になるなあと思いながら聞いていました。出演者なんですけど、勉強させていただいたという気持ちがすごく強いです。

大先輩と共演したことで、ご自身も「特撮ソング界の一員になった」といった感慨もあるのでは?

伊勢今回のようなご縁で先輩方とつながりができることで、ようやくそんな実感が沸いてきたという感じです。今後もみなさんと共演させていただいたり、一緒に食事させていただいたりしたいと思っています。

最後に、インタビューをご覧のみなさんにメッセージをお願いします。

伊勢今回は「烈車戦隊トッキュウジャー」「Go! Go! トッキュウジャー」の2曲を披露させていただいて、僕自身もとても楽しい経験をさせていただきました。これから「トッキュウジャー」のイベントもたくさんあると思いますけど、みんなのイマジネーションをもっと広められるように一生懸命がんばりますので、これからもよろしくお願いします。



YOFFYさんインタビュー

収録を終えての感想をお願いします。

YOFFYトークはすごく楽しくやらせていただきました。Project.R(高橋秀幸、高取ヒデアキ、YOFFYらが所属する特撮ソングユニット)のみんなは上下関係がありつつもすごく仲がいいので、とてもやりやすかったです。ただ、収録がリハーサル1回本番1回という、いつにも増して過酷な条件だったので(笑)、ちょっと大変でしたね。

今回のレギュラー陣、ゲスト陣のみなさんは、イベントなどでもよく顔を合わせる間柄ですよね。

YOFFYそうですね、しょっちゅう、年中です。久しぶりという感じはまったくなくて、「今回の現場はここか」みたいな(笑)。

今回はその仲間に、ニューフェイスとして伊勢大貴さんが加わっています。

YOFFY伊勢くんは、どこを切っても好青年なので、好感が持てます。大したアドバイスもできませんけど、良き先輩として彼をサポートできることがあれば、助太刀いたしましょう! という気持ちです。でも、すでに俳優としてもキャリアがあるし、ステージ度胸も据わっています。ステージで大暴れしちゃいますからね(笑)。

ライブパートでは、ソロで「ハリケンジャー参上!」(特撮「忍風戦隊ハリケンジャー」オープニング曲)を披露していただきました。これが意外にも初めて歌ったそうですね。

YOFFYイベントではよく高取さんと一緒になるので、バックコーラスで参加したり、アコースティックで一緒に歌ったりというのはあったんですけど、ソロで歌ったのは初めてです。戦隊シリーズの楽曲はこの「ハリケンジャー」から新しい路線がはじまったというイメージがなんとなくあります。

もう1曲、「VAMOLA! キョウリュウジャー」(特撮「獣電戦隊キョウリュウジャー」オープニング曲)は高取ヒデアキさんとのセッションとなりました。

YOFFY原曲を歌うカマショー(鎌田章吾)くんのデビューが決まった時に、何回か彼の歌を録音したことがあったので、曲自体はすごく覚えているんですけど、歌ってみるのはこちらも初めてでした。今回は初物づくしですね。貴重な機会なんですけど、こういうのが電波に乗ると考えると、恐ろしいですね(笑)。

さすが特撮ソング特集という感じの貴重な2曲になりましたね。では、改めて最後にインタビューをご覧のみなさんにメッセージをお願いします。

YOFFY特撮ソングは、今回歌われていない曲も多いですし、本当にいい曲ばっかりです。オリジナルとは違うバージョンでお届けできるのも、「アニ音」ならではという企画で、今回、それが実現したことはすごく革新的なことだと思います。今後もこの企画がシリーズで続いて、そして、僕も呼んでもらえたら(笑)、と思います。オンエアではセッションの豪華さにもご期待ください。Project.Rの仲の良さや絆が画面を通して伝わったなら嬉しいです。



高取ヒデアキさん&高橋秀幸さんインタビュー

お二人とも久々の登場となりましたが、収録を終えていかがでしたか?

高取僕は去年の「獣電戦隊キョウリュウジャー」特集以来かな? エンディング曲の「みんな集まれ! キョウリュウジャー」を担当していましたけど、オープニングの「VAMOLA! キョウリュウジャー」を公の場で、フルで歌うのはあまりなかったことなので、新鮮な気持ちで歌えましたし、レジェンドの影山兄さんと、高橋くんと一緒に「光戦隊マスクマン」を歌えたことも、これまた新鮮でした。

今回の特集は、楽曲とアーティストさんの組み合わせが目新しいというか、新鮮な組み合わせが多く、楽しめる内容ですね。

高取YOFFYの「ハリケンジャー参上!」は、大丈夫だったの!?(一同笑)。YOFFYが歌っているのは初めて聴きましたよ。そんなに歌うの嫌だったのかよ! みたいな(笑)。長年の付き合いですが、そういえば歌ってなかったな、と改めて思ったくらいで。今回の組み合わせでは、YOFFYの「ハリケンジャー」が一番衝撃的でした。

高橋さんはいかがでしたか?

高橋僕は「爆竜戦隊アバレンジャー」と「光戦隊マスクマン」を歌いました。楽しかった……は楽しかったんですけど、「アバレンジャー」のハードルの高さに苦戦しました。「マスクマン」は3人で真剣に楽しんで歌えましたし、いろんな経験ができた一日で、とても有意義でした。特に「マスクマン」は、影山さんと一緒に歌えたというのがホント「俺ら得」でしたね。

その「光戦隊マスクマン」のステージでは、高取さん、高橋さんが楽しそうに歌っているのが印象的でした。笑顔というか、笑っちゃいながら歌っているというか。

高取何をおっしゃいますか、スーパーリスペクトしながら歌っていましたよ(笑)。だけど、本当に楽しくて……あとは、時代を感じられてね。僕らが若い頃に聞いていた曲ですし、歌謡曲の要素もたくさん詰まっていて、なんかアイドルになったような(笑)。3人でアイドルグループになったような感じで、勝手に楽しんじゃいました。

高橋影山さんも遠藤さんも一緒に楽しもうぜ、と僕たちを乗せて、楽しませてくれた感じでしたね。

「マスクマン」のセッションでは、リハーサルの時にアドリブで飛び出したマフラーアクションを本番でもやられていましたね。

高橋やりましたよ~。これからは「マフラートリオ」として3人で……。

高取それで営業に回りたいと思います(笑)。

本番でやったといえば、高橋さんは「アバレンジャー」での「遠藤スピン」にも挑戦されていました。

高橋あれをやるのが夢でした。ただ、ワイヤー(有線)マイクでやるのは難易度が高くて(笑)。足にコードがくるくると絡まって、倒れそうになりました。

高取アレは、やっぱり絡まっちゃうの?

高橋遠藤さんがやると大丈夫なんですけど、どうやっているんでしょうかね?(笑)。

トークコーナーですが、ゲスト陣では高取さんがリードして場を盛り上げられていましたね。

高取事前に聞かれていた質問があったんですが、丁寧に答えたら、それがそのまま採用されていてびっくりもしましたけど(笑)。今回の出演者は、いつも一緒にやっている仲間で、そこに伊勢くんを迎えてというのが嬉しかったですね。新鮮でした。

「アニソン業界は体育会系だ」といったお話もされていましたが、伊勢さんは新しい後輩が入ってきたという感じになりますか?

高取そうですね。ただ、年齢はすごく離れているんですけど(笑)。だから、ものすごく長い縦社会。これで年代は相当広くなりました。

それでは最後に、インタビューをご覧のみなさんに改めてメッセージをお願いします。

高取いつも「アニぱら音楽館」では新しいチャレンジをさせていただくので、毎回ちょっとドキドキ、そして、ワクワク、本番ではめっちゃめちゃ楽しんでやれる番組です。今回も新しいチャレンジをさせていただけたので、ぜひぜひ、みなさんに見ていただきたいと思います。

高橋もう4回は「アニぱら音楽館」に出させていただいています。勝手知ったるという感じの中にも、歌い手としての新しいチャレンジや楽しさ、厳しさを思い出させてもらえる番組で、出るたびに有意義な体験をさせてもらっています。今回も本当に楽しかったです! その緊張感と楽しさを感じ取ってもらえれば、嬉しいです。