キッズステーション

お子様が喜ぶアニメが勢揃いのアニメ総合チャンネル! キッズステーション 圧倒的高画質のハイビジョン放送

あらすじ
#01『平田の世界』#07『超合体戦士サンゴットVオープニングテーマ』
#02『アカトンボのふしぎ』#08『恋の季節!! キューピッド君』
#03『聖徳1週間』#09『ノンストップ松尾芭蕉』
#04『すばらしきヨガ』#10『決めろ! きらめきシュート』
#05『伊能忠敬の歩み』#11『スケバン探偵』前編
#06『ララ美リアリティ』#12『スケバン探偵』後編

第一話 『平田の世界』

絵コンテ・演出:かどともあき 作画監督:かどともあき
オレは平田平男(20)。
オレは自分自身が、マンガの中の人物だと気付いている。しかし、オレはどんなキャラなんだ…。この何もない世界で、何をすればいい……
悩み深き平田の前に、パンツを頭にかぶったライバルや、身長2mはありそうな恋人、そして拳法の師匠や驚異の悪魔大王が現れて!!

第ニ話『アカトンボのふしぎ』

絵コンテ・演出・作画監督:和田高明
トオル君は、昆虫博士に、アカトンボって、どんな虫なの?とききます。
博士は、アカトンボの幼虫、脱皮、羽化を説明しますが、次第にエスカレートして、ホクロを数えろと、ピーを露出したりし始めます。

第三話『聖徳1週間』

絵コンテ・演出・作画監督:小山和弘
聖徳太子の様子が不安になった小野妹子は、ついに一週間の間、陰から太子を観察することにします。
それが全ての間違いのはじまりだったのです……
太子は、どんな1週間を送っているのでしょうか?

第四話『すばらしきヨガ』

絵コンテ・演出・作画監督:南伸一朗
この世のどこかにあるヨガ健康教室。
そこではチョイヤバ親父たちの戦いが日夜繰り広げられている!
究極のヨガ謝罪とはいったい!?

第五話『伊能忠敬の歩み』

絵コンテ・演出・作画監督:小島正士
伊能忠敬は、日本全国を歩きまわり、精巧な日本地図を作った人です。
見るからに怖そうな犬、ケガをしていた宇宙人、農家のおばさんを仲間に測量の旅に出発し、そして・・・。
見たらきっと忘れない!? 驚くべき顔面アニメをお楽しみ下さい!

第六話『ララ美リアリティ』

絵コンテ・演出・作画監督:水谷麻美子
マンガ家・恋のYOKANと編集者・林田は、漫画の主人公・ララ美がコンタクトレンズをつけるシーンで大激論となっていた。
マンガづくりの最深部を描いた問題作、早くも登場!

第七話『超合体戦士サンゴットVオープニングテーマ』

絵コンテ・演出・作画監督:臼田義夫
三重県の平和を守るため 秘密の基地から出動1.2.3!
2つのマシンが1つになって 超合体サンゴットV!
必然的に1台あまる・・・いったいどうするんだ、パイロットのリュウ。
巨大ロボット・サンゴットVが倒すべき敵とは!?

第八話『恋の季節!! キューピッド君』

演出・作画監督:わたなべひろし
突然、恋愛の神様・キューピッド君が、はだかで天界から下界へと降りてきた。
キューピッド君の目的は、倉田君と里中さんを結びつけ、10年後の国会議員暗殺を阻止する事!
ついに始まった二人を結びつけるための大作戦は、まずは倉田君と里中さんを別れさせるところから始まった???

第九話『ノンストップ松尾芭蕉』

演出・作画監督:橋本英樹
元禄2年。松尾芭蕉は、弟子の曽良と共に「奥の細道」の旅をしました。芭蕉は、曽良に殴られたはずみに、変なキノコを食べてしまいます。そして、その夜、泊まった渋谷風流の家で、だんだん様子がおかしくなり……

第十話『決めろ! きらめきシュート』

演出・作画監督:よこた和
漫画家・夢野カケラが再び登場! 彼の連載漫画『決めろ!きらめきシュート』は大ピンチに陥っていた。人気が落ち、連載は雑誌の後ろの方になり、ネット上でも主人公が叩かれ……そして、ついに強化策が実行された。試合中に起きる殺人事件、登場するお化けと喋る動物キャラ。そしてマネージャーのメガネは落ち、ついに主人公の特殊能力が発動する! これはある漫画家による感動の戦いの記録である!!

第十一話『スケバン探偵』前編

演出・作画監督:秋山由樹子
ロボット研究所の少女型ロボット・スタ江には野望があった。初めての映画『スケバン探偵』は、アクションこそが見せ場。スタントロボであるスタ江こそが主役。アクションに次ぐアクション、そして監督の妥協に次ぐ妥協はいったい映画に何をもたらすのか!?

第十二話『スケバン探偵』後編

演出:廣川集一、作画監督:金沢美愛・斎藤博子
少女型ロボット・スタ江には野望があった。アクション映画『スケバン探偵』は、スタントロボであるスタ江こそが主役。ついにスタ江の奥の手が発動する!!!
これは『スケバン探偵』が大ヒットするまでの遠く険しい道のりと、アクションスター川下陽子の目覚めを描いた感動の物語である!