キッズステーション

お子様が喜ぶアニメが勢揃いのアニメ総合チャンネル! キッズステーション 圧倒的高画質のハイビジョン放送


ゲストインタビューバックナンバー

米倉千尋さん & 石田燿子さんインタビュー

お二人とも、「アニぱら音楽館」出演は久々となりましたね。ちなみに米倉さんは約5年ぶりの出演となりました。

米倉5年ぶり! そんなになりますか!

石田私はもっと出てない気がします。

石田さんは、なんと約8年ぶりです。

米倉・石田おー!(笑)

という感じで、お久しぶりの収録を終えた感想をお願いします。

米倉本当に久しぶりで、楽しかったです。今回は燿子ちゃんと一緒に出られたので、すごくラフな感じで、楽しくお話出来ました。歌は緊張もしましたが、いい汗をかけました。

石田私は米倉さんよりもっと久しぶりだったので、緊張もしていたんですけど、やはりふたりで一緒だったので、楽しくできました。トークも笑いっぱなし、言いたいことが全部言えたか不安になるくらいにずっと笑いっぱなしで、楽しかったです。

お二人とも久々の出演とはいえ、各所でお顔を合わせる間柄でもあると思いますので、なにかトークコーナーでも砕けた雰囲気のようなものを感じました。

米倉事務所も一緒ですしね(笑)。

遠藤さんのツッコミも、どこか強めに感じましたが、逆にそれが信頼感の表れなのかなと感じました。

石田あははははは。まあ、そうかもしれませんね(笑)。

そのトークの内容について伺いますが、米倉さんは犬を飼ってらっしゃるとのことでした。家を空ける機会が多い方と思いますが、その点で不安はありませんでした?

米倉飼い始めてからまだそんなに経っていなくて、もうすぐ2歳になるんですけど、飼う際にはそんなに悩まなかったですね。私たちの仕事って、そんなに長期間家を空けないものなんですよ。いない時もありますが、いる時はずーっと家にいるので、いいバランスでやっていけるんじゃないかなと。

飼おうと思ったきっかけはなんですか?

米倉ずっと犬を飼いたかったんですけど、なかなかいいタイミングがなかったのと、偶然なんですけど「犬を飼いたい!」という気持ちがMAXの時に、犬にまつわるものにたくさん出会ったんですよ。ブリーダーさんと偶然会ったり、飲み屋さんに行ったらそのお店にワンちゃんがいたり、とか。不思議な出会いがたくさんありまして「これはもう、飼えってことかな?」と思ったんです。

運命の巡り合わせのようなことが。

米倉ワンちゃんって、その人が必要なときにやってくるんですって。そういうタイミングになったんだろうな、と。確かにウチにとっては、本当に必要な存在だったのだと思います。

そうして飼い始めてみたら、思った以上に大きく育ってしまったとのことでした。

石田あははは、育っちゃった(笑)。

米倉そうなんですよ~。チワワを飼ったのは、ちっちゃいからというのもあったんですよね。でも予想以上に育ち、トイプードルを見下ろすサイズになっています。飼い主がちっちゃいのに、巨大なチワワになってしまって(笑)。健康優良児ですね。

石田飼い主はちっちゃいって(笑)。

続きまして、石田さんは「警察モノ」のドラマがお好きだというお話でした。

石田あ、ここでトークの続きを話してもいいんですか?(笑)。日本、海外は関係なしに、警察モノ、刑事モノのドラマが大好きなんですよ。

その中で、「京都府警のパトカー」が大好きだというお話も。あれって、なんでドラマに出てくるパトカーは京都府警が多いのか、ご存じですか?

石田えっ、それって何か理由があったんですか!? 知らないです。京都で事件が起きているからじゃないんですか!?

実は気になって、収録後に急いで調べてみました。ものすごく現実的な理由なんですけど……京都には太秦撮影所がありまして。

米倉ああ! なるほど。

あとは制作会社の大映テレビの撮影所もある関係で、関西が舞台のドラマ撮影は京都でやりやすいようです。

石田へぇ~! だから設定として舞台が京都になることも多いんですかね。京都は街並みも華やかですしね(笑)。なるほど、謎が解けた!

アニメファンの中には、「埼玉県警」のパトカーにときめく方もいるようです。「ルパン三世 カリオストロの城」で銭形警部が乗っているのが埼玉県警のパトカーという理由で。

石田それは知らなかったです(笑)。あのパトカーに書かれている文字が、スタイリッシュに見えるんですよ。埼玉県警が好きという方も、同じような理由なのかな? 鴨川警察とか、好きなんです(笑)。アニメファンが聖地巡礼する、みたいな感覚ですよね。ドラマに出てくるところに行ったり、パトカーに乗ったりしたいです。

なかなかパトカーに乗るのは難しいかと(笑)。一日署長的なお仕事でもあれば。

石田それ、いいですね!(マネージャーさんを見つめながら)

米倉私、錦糸町だったかどこかで、やったよ。

石田本当!?

米倉婦警さんの制服の、一番小さいサイズを用意してもらって(笑)。パトカーにも乗ったよ。

石田すごーい! 良かったね! いいなー、いいなぁ~、やりたい(マネージャーさんを見つめながら)。

米倉なかなかできない体験でしたよ(笑)。

実現するといいですね(笑)。それでは続いて、本日歌っていただいた楽曲についてお聞きします。まずは米倉さんには、「フェアリーテイル~約束の日~」(TVアニメ「FAIRY TAIL」オープニングテーマ)を歌っていただきました。この曲を選んだ理由を教えて下さい。

米倉私にとっては最新シングルにあたる楽曲なので選んだというのと、10月28日に2枚目のベストアルバム「BEST OF CHIHIROX Ⅱ」を出したんです。このアルバムも聞いてくださいね、という気持ちも込めて、選ばせていただきました。

アルバムジャケットを「FAIRY TAIL」原作者の真島ヒロさんが描かれていることも話題になっていましたね。

米倉このアルバムには「フェアリーテイル~約束の日~」はもちろん、真島先生が原作のアニメ「RAVE」「FAIRY TAIL」の関連曲も収録しているので、絶対にジャケットは真島先生に描いてもらいたいと思ってお願いをしたんです。

歌詞の歌い出しが「フェアリーテイル」から始まるなど、アニメソングらしいナンバーだなと感じました。

米倉TVアニメ「FAIRY TAIL」の楽曲の歴史の中でも、歌詞にタイトル、「FAIRY TAIL」と入っている曲はないんです。

続きまして、石田さんはカバー曲で「God knows…」(TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」挿入歌)を歌っていただきました。ちょっと意外な選曲にも感じましたが、選んだ理由を教えて下さい。

石田12月2日に出たアルバム「Rainbow Wonderland」に、何かカバーを入れようかという話が出た時に、これまでランティス祭りや海外のイベントでもこの曲をカバーさせていただいていたので、せひ入れたいなと。ちょっとアレンジも変えさせていただきまして、正式にアルバムに入れさせてもらえませんか、とお願いしたんです。

これまでもカバーされていたんですね。

石田ランティスのアニソンの中でも、トップクラスの名曲じゃないですか。海外に行ってもどこに行っても、みんな知っているし一緒に歌ってくれる。今回ランティスからアルバムを出させていただくということで、自分の中の感謝の気持ちもあったので、ぜひカバーしたい。そういう経緯があったので、今日もライブで歌いたいなと思い選びました。

アニメ作中でキャラクターが歌うという、最近の流れの先駆けになった曲ですね。

石田そうですね、オープニングでもエンディングでもなく、劇中歌でここまでのヒット曲というのはなかなかないですよね。声優さんが歌うこと自体もたくさんありましたが、作中でキャラがバンドを組んで歌って、それがまた名曲という。ちょっと前の曲にはなるんですけど、今でも色あせていないですし、私も大好きな曲です。

米倉さんは、今年でデビュー20周年を迎えられます。振り返ってみて、なにか印象的なことなどがあれば教えてください。

米倉私はアニソンでデビューしていなかったら、こんなにみんなに知られていなかったでしょうし、世界各国に行くこともなかっただろうし、米倉千尋として歌わせていただけるのは、機動戦士ガンダム 第08MS小隊オープニング主題歌 「嵐の中で輝いて」でデビューして、その後もアニメ作品に携われたこと、これに尽きるなと思っています。アニメがあってのアニソンシンガー、アニソンアーティストなので、アニメというものに感謝する20年ですね。

石田さんのデビューは米倉さんよりも3年ほど早いデビューですが、お二人と同時期には奥井雅美さんもデビューされています。

米倉ああ、そうかも。奥井さんってデビュー、いつでしたっけ?

石田奥井さんは、私と同じ年です。でも月で言うと、私のほうがちょっと先輩に(笑)。

米倉わお(笑)。石田さん、奥井さん、私の順なんですね。

お二人と奥井さんのお三方で、女性アニソンシンガーのポジションを作ったというか、トップランナーとして活躍されてきたという印象があります。

米倉そう言っていただけてありがたいです、胸に刻んで頑張りましょう(笑)。

ちなみに遠藤正明さんも昨年でデビュー20周年。今回はアニソンの歴史を作ってこられた方々が集まりました。

石田でも、20年ってまだまだヒヨッコっぽいよね。

米倉本当に。「20年、まだまだ全然です」っていう感じが(笑)。

先輩方がまだまだ現役でやってらっしゃいますからね(笑)。

米倉そうなんですよ。私たちはその背中を追いかけているので。みなさん、まったく色あせずに、原色のままじゃないですか。

石田心強いですよね、そういう方たちがいらっしゃるのが。

米倉心強いし、がんばろうって気持ちになります。そう思えるのは、アニソンが強いメッセージを持っているものだからですし、だから私たちも励まされ前に進んでいけるというのはあると思います。

年末年始にかけて、決まっているイベント出演などがあれば教えて下さい。

米倉私は年明けにデビュー20週年を迎えるということで、記念ライブ「Chihiro Yonekura 20th Anniversary Special Live」を1月24日に、TSUTAYA O-EASTで開催します。あとは昨年10月にリリースしたベストアルバムを聞いていただきたいのと、今後にもいろいろと温めているものがありますので、乞うご期待ということで(笑)。

石田私も12月2日にリリースした「Rainbow Wonderland」をよろしくお願いします、というのと、あとは2月7日にTVアニメ「ストライクウィッチーズ」のイベント「ストライクウィッチーズ みんなの想いでデキること!」に出演させていただきますので、ぜひ遊びに来てください。他にはライブの予定も……同じく、乞うご期待で(笑)。

それでは最後に、番組のファンへ向けてのメッセージをお願いします。

米倉年が明けて、「アニぱら音楽館」からスタートということになりました。これがちょうど20周年の始まりでもありますが、先輩方と一緒に記念の年を始められたというのがすごく嬉しくて、いいスタートを切れました。2016年、20周年イヤーをがんばってって駆け抜けていこうと思っております。今後とも応援をよろしくお願いします。アルバムも聞いてね、ライブも来てね(笑)。

石田「アニぱら音楽館」に以前出たのはだいぶ前だな、と思ってはいましたが、8年も前だったと聞いて、すごくびっくりしています。次は8年空けずに、また遊びにこられたら嬉しいなと思っています。これからもいい歌を歌っていきたいと思いますので、みなさんも応援よろしくお願いします!