キッズステーション

お子様が喜ぶアニメが勢揃いのアニメ総合チャンネル! キッズステーション 圧倒的高画質のハイビジョン放送


ゲストインタビューバックナンバー

遠藤会さんインタビュー

やまけんさんは「アニぱら音楽館」初出演、bambooさんは約3カ月ぶり2回目の出演ですが「遠藤会」のメンバーとして出演されていかがでしょうか?

bamboo しょっぱなからスベったので(一同笑)、死ぬかと思いました!

遠藤 この前、bambooがゲスト出演した時(#389)よりさらにひどかった(笑)。

やまけん トークの進行役が(影山)ヒロノブさんだったので、もう心配で、心臓に悪い!初めてのおつかいの親の気持ちって、こういうのかなと思いました。

遠藤 俺が隣に座っていたら、(ヒロノブ)兄さんにツッコミ入れてたと思うよ(笑)。

影山さんにツッコめるのは、遠藤さんくらいではないでしょうか(笑)

遠藤 そうでしょうね(笑)。兄さんも自分が番組を仕切るとは思っていなかったんでしょう。どれだけ台本を読んでいないか(一同笑)。逆に言えば、いつも台本に頼らずガチで挑んでいるんでしょうね。

遠藤さんは、リニューアルしてから初のゲストでの出演になりました。

遠藤 もっとちゃんと迎えてほしかったというのが正直な気持ちです(笑)。いつもとは違って、ハラハラする気持ちのほうが大きかったです。

改めて遠藤会について教えていただけますか?

遠藤 元々は飲み仲間で、この3人に鷲崎健を加えた4人で集まって飲んでいたんですけど、この4人に共通しているのは、形は違えどアニソン界を盛り上げてくれている人たちということです。そのアニソン界では最近、女性アーティストのみなさんがすごく元気で業界を底上げしてくれている一方で、男のアーティストの元気がないなと感じていました。そこで、「男もがんばってるんだぞ!」というのをみんなに見せたくて、僕らが「遠藤会」として、男のアーティストを集めてライブをやって、引っ張っていこうと去年から始めました。

基本的には遠藤さんをはじめとした4人が中心で、増えたり減ったりというのはないのでしょうか?

遠藤 特に制約はなくて、あるとしたら男であることくらいですかね?

bamboo なので、緒方恵美さんはOKです(一同笑)。

遠藤 誰でもウェルカムな状態にしていきたいと思っているんですよ。若手だと、水木(一郎)さんや兄さんが相手となると委縮しちゃったりもするだろうし。そのクッションじゃないけど、若手がのびのびと活躍できる場があってもいいのかな、ウチらも何かしたいな、ということです。

ニコニコ動画で生配信している「アニぱら音楽館nico(仮)」内の企画で遠藤会に対する質問を募集したところ、一番多かったのは「お酒」についての質問でした。遠藤会の中で一番お酒が強いのは誰ですか?

遠藤 やまけんじゃないですかね? 毎晩飲むよね。本当に酒が強いんですよ。

bamboo 遠藤さんも飲むんですけど、潰れちゃうんです。

やまけん でも、遠藤さんも尋常じゃなく飲みますよ。

bamboo よく飲むのはウーロンハイです。僕はほとんど飲まないんで、ある時、「どれくらい飲むんだろう」と数えていたら、1人で30杯は飲んでいました。

どれくらいの頻度で集まって飲まれているんですか?

遠藤 最近は遠藤会として歌わせていただくことが増えて、そのあと飲みに行くことが多いので頻度も上がっています。それ以前は2、3カ月に1回くらいでしょうかね。

bamboo この活動が続くと、たくさん飲めていいですよね。

遠藤 そうだね(笑)。今回披露した曲『健全ロボ ダイミダラー』のPVも撮らせてもらったんですけど、撮影開始が朝早かったんで前日は現地に泊まったんです。そうしたらスタッフから「飲むな」命令が出まして(笑)。で、じゃあちょっとだけゴハン食べようって言って、2時まで飲んでました(一同笑)。

やまけん ゴハン食べに行ったはずなのに、乾杯してましたね(笑)

これも数が多かった質問で、「Geroさんは馴染めていますか?」というものが。

遠藤 Geroくんは、アニソン界の男子アーティストとしては期待の星ですから、大切に育てていきたいですね。さっきの話じゃないですけど、水木さんや兄さんの前とは違って、遠藤会ではそこまで緊張しないでやれているのかな? と勝手に思っています。

bamboo 馴染めているか、いないか。それが真に判明するのは、6月29日(遠藤会のライブイベント「漢祭り Vol.02」)の打ち上げです。

遠藤 その次の日は休みを取ったって言っていましたよ。偉いなー、と。

bamboo&やまけん あー、それは偉い、偉い。

遠藤 今回のイベントでは、流田くん(流田Project)もそうですけど、Geroくんも自ら出たい、参加したいって言ってくれたのが嬉しいんです。ちなみに開始時間がすごく早い(午後4時開始)のは、撤収作業があるスタッフも含めてみんなそろって夜9時には飲めるようにしようと(一同笑)。遠藤会は「飲みサー」(飲みサークル)なんで、目的はそこですから。

bamboo “本番”で美味しいお酒を飲めるように、4時間近くライブをやる(笑)。

遠藤 だから、Geroくんが次の日休みを取ったというのは、とてもよくわかっている。

やまけん “本番”は何かがよくわかっている(笑)。

今回披露された『健全ロボ ダイミダラー』ですが、作詞がbambooさん、作曲が遠藤さんで、ロボットものらしさに溢れる熱い曲調ではあるのですが、タイアップ作品が……ものすごく健全なことになっています。

bamboo 僕のところには一風変わった依頼しか来ないので、むしろ得意です。

遠藤 これは僕にではなく「遠藤会に」という依頼でした。最初はソロでの依頼だと思っていたら、「遠藤会でやってくれ」と。でも、「あいつら歌えないよ?」と、一回は断ったんですよ。「ひとりでやらせてくれ」って(一同笑)。

やまけん 普通は断らないでしょ!

bamboo 抜け駆けもいいとこだ(笑)。

遠藤 それでも「遠藤会でやってほしい」ということで、「どうなっても知りませんよ?」と引き受けました。

bambooさんのツイッターを拝見していたら「歌詞に爆弾を仕込んだ」という書き込みがありましたが。

bamboo 2番の必殺技のアレです! 2番までライブ披露したのは今回が初で、テレビで流せるんだろうかと心配です。

遠藤 でも、必殺技ですからねぇ。

bamboo しょうがない。できるだけ原作に忠実に。

遠藤 レコーディングではひとりずつバラバラに必殺技のコールを録ったんですけど、この歳になって大声であの技名を叫んで、みんなから「いいねぇ~!」と言われるのは、不思議な感じでしたね(笑)。

先ほども少し話に出ていたPVですが、企画はやまけんさんが担当されたそうですね。

遠藤 今回のPVもほかの企画もそうですけど、面白いことを考えて、「こんなの、いいんじゃない?」と言ってくるのは大抵やまけんです。だって、任侠もの(PVの内容)は全然、曲とは関係ないですからね。あと、みんな演技が上手かったのにはびっくりしました。ド素人なのにね。

bamboo 僕は一応「狂犬」という役どころだったので、自分なりの狂犬像を考えた結果、スキンヘッドになりました。実は、前回、「アニぱら音楽館」に出演したすぐあとに撮影したんですよ。

遠藤 そうそう。その回の収録後に帰ろうとしていたらメールが来て、見たらあの頭の写メが(笑)。さっきまで一緒だったのに(笑)。みんな、そういう馬鹿をやれるっていうのが楽しいですね。

遠藤会によるイベントが近づいていますが、どのような内容になるのでしょうか。

bamboo 6月29日、東京・恵比寿のリキッドルームで開催するんですが、おかげさまでソールドアウトしました。嬉しいですね。内容については、それぞれが楽曲を持ち寄って、あとはセッションなども見られるのではないかと思います。

やまけん 僕も「OTAKU NOT DEAD」というバンドで音楽活動はやっていますが、カバーバンドなので持ち歌がない。どうしようかなと考えているところです。今回は「アニ音」でもおなじみのIMAJOくんがギターで参加してくれます。

それでは最後に改めてインタビューをご覧のみなさんにメッセージをお願いします。

やまけん 遠藤会がこのあとどうなっていくのかは謎なんですが、できればみなさんに末永く愛していただきたいと思っているので、よろしくお願いします。まずはCDを買っていただいて、アニメ『健全ロボ ダイミダラー』のブルーレイ、DVDも買っていただければ嬉しいです。

bamboo 『ダイミダラー』のCDが売れてくれれば、遠藤会でやれることも増えていきますので、よりクレイジーなPVが見たい方はCDのご購入よろしくお願いします。あと、個人的には今回の「アニ音」の放送を見たみなさんの感想が聞きたいです(一同笑)。

遠藤 遠藤会は「若手の男性アーティストの底上げ」と言っていますけど、こういう遠藤会みたいな会がいっぱい増えればいいな、とも思っています。若い男性アーティストが活躍できる場がいっぱいできていけば、それが業界の盛り上がりにつながるんじゃないでしょうか。遠藤会は、そのための布石、第一歩となれればいいのかなと思います。それと、楽しく見えるのが一番だと思うので、つらいこともあるだろうけど、ウチらが集まって楽しくやっているのを見て、「自分もがんばろう!」と思ってくれるような、そんな「飲みサー」になっていきたいと思います。